1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 内閣府、金沢大と連携し地域経済分析システム活用した授業

2016年6月13日

内閣府、金沢大と連携し地域経済分析システム活用した授業

内閣官房と内閣府は、金沢大学と連携して提供する「地域経済分析システム(RESAS:リーサス)」を活用した第1回の授業を13日に開講する。授業は全8回を予定。

授業では、RESASの基礎的な知識や操作方法の習得を目指す基礎編と、RESASによって地域を分析し、政策提言へ繋げる発展編を提供する。これによって地域の未来を担う学生が客観的なデータに基づいて地域の現状を把握し、そこから浮かび上がる諸課題を解決するためのアイデアを提案できるようになることを目指すとしている。

RESASは、地方自治体による様々な取り組みを情報面・データ面から支援するために内閣官房 まち・ひと・しごと創生本部事務局が提供を開始したもの。

問い合わせ先

内閣官房 まち・ひと・しごと創生本部事務局 内閣府地方創生推進室
電 話:03-3581-4541

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス