1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 内閣府、金沢大と連携し地域経済分析システム活用した授業

2016年6月13日

内閣府、金沢大と連携し地域経済分析システム活用した授業

内閣官房と内閣府は、金沢大学と連携して提供する「地域経済分析システム(RESAS:リーサス)」を活用した第1回の授業を13日に開講する。授業は全8回を予定。

授業では、RESASの基礎的な知識や操作方法の習得を目指す基礎編と、RESASによって地域を分析し、政策提言へ繋げる発展編を提供する。これによって地域の未来を担う学生が客観的なデータに基づいて地域の現状を把握し、そこから浮かび上がる諸課題を解決するためのアイデアを提案できるようになることを目指すとしている。

RESASは、地方自治体による様々な取り組みを情報面・データ面から支援するために内閣官房 まち・ひと・しごと創生本部事務局が提供を開始したもの。

問い合わせ先

内閣官房 まち・ひと・しごと創生本部事務局 内閣府地方創生推進室
電 話:03-3581-4541

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 導入実績多数!まとめてサポート
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×オーダーメイドの学び
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス