1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 帝国データバンク×武蔵野大、データサイエンスの推進に向け連携協定

2019年4月12日

帝国データバンク×武蔵野大、データサイエンスの推進に向け連携協定

帝国データバンクと武蔵野大学は5日、データサイエンスの推進に向けた連携協定を締結した。

d43465-12-602918-0連携協定は、企業データの社会的活用とデータサイエンス分野の人材育成を図ることでデータサイエンスを推進していくことを目的としており、今後、教育に係る講義の実施、インターンシップの実施、共同研究の実施などを想定している。

武蔵野大学では、今年4月にデータサイエンス学部を開設し、人工知能に関するスキルを身につけ、データを読み解く分析力、データから新しい価値を生み出す創造力、イノベーションを起こすビジネス力を持った人材の育成に取り組んでいる。

一方、帝国データバンクは、国の施策である地域未来牽引企業や地域経済分析システム(RESAS)において、データの「研磨」や企業分析などの協力を行ってきた。データサイエンス分野の発展に向けた大学との連携協定は、滋賀大学、横浜市立大学に続き3校目となる。

両者はそれぞれの実績・ノウハウを融合することで、実践的な視野を持つデータエンジニア・データサイエンティストの育成を図り、データの社会的活用の推進を目指していくという。

関連URL

帝国データバンク

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 文武両道を実現! すらら×東海大学菅生高等学校
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス