1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. タブレット端末を使った学習支援、長野県の喬木村で「たかぎ土曜塾」開始

2017年1月25日

タブレット端末を使った学習支援、長野県の喬木村で「たかぎ土曜塾」開始

長野県下伊那郡喬木村は、タブレット端末を使った学習支援事業「たかぎ土曜塾」を14日から開始した。

「たかぎ土曜塾」は、タブレット端末を使った個別学習で、村内小学校生の基礎学力の向上と学習習慣の定着を目指す学習支援事業。

2016年度は、教科を算数に絞り、1月~3月にかけて各月の第2・第4土曜日に実施。村内の小学校に通う4~6年の希望者は無料で受講することができる。

授業では、オンライン学習サービス「スタディサプリ小学講座」を使い、1コマ90分の授業の中で、児童一人ひとりが自ら単元を選び、自分のペースで学習に取り組む。

関連URL

喬木村

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
総務省プログラミング普及事業 発表会動画 全28本掲載
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 「教育情報セキュリティポリシーガイドライン」対応!教育情報セキュリティならチエル
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録