1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 「すらら」の討論会にオンラインワークショップシステム「gaccatz」が採用

2016年6月20日

「すらら」の討論会にオンラインワークショップシステム「gaccatz」が採用

ドコモgaccoは17日、同社のオンラインワークショップシステム「gaccatz(ガッカツ)」が、すららネットが運営するeラーニングサービス「すらら」のユーザーを対象にした、オンライン討論会に採用されたと発表した。

「gaccatz」は、数百人規模の参加者が、オンラインのワークショップに参加できるシステム。グループ分け機能のほか、動画のリアルタイム配信、クイズ形式の問題、出題全体発表などの機能を持ち、リアルタイム・双方向型の学習に対応している。

すららネットは、運営するeラーニングサービス「すらら」で学習している小中高生を対象にしたアクティブ・ラーニングイベントを5月21日~8月28日にかけて実施。その中で、19日に開催されたオンライン討論会で「gaccatz」が理用された。

関連URL

gaccatz

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
総務省プログラミング普及事業 発表会動画 全28本掲載
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 「教育情報セキュリティポリシーガイドライン」対応!教育情報セキュリティならチエル
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録