1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 「すらら」の討論会にオンラインワークショップシステム「gaccatz」が採用

2016年6月20日

「すらら」の討論会にオンラインワークショップシステム「gaccatz」が採用

ドコモgaccoは17日、同社のオンラインワークショップシステム「gaccatz(ガッカツ)」が、すららネットが運営するeラーニングサービス「すらら」のユーザーを対象にした、オンライン討論会に採用されたと発表した。

「gaccatz」は、数百人規模の参加者が、オンラインのワークショップに参加できるシステム。グループ分け機能のほか、動画のリアルタイム配信、クイズ形式の問題、出題全体発表などの機能を持ち、リアルタイム・双方向型の学習に対応している。

すららネットは、運営するeラーニングサービス「すらら」で学習している小中高生を対象にしたアクティブ・ラーニングイベントを5月21日~8月28日にかけて実施。その中で、19日に開催されたオンライン討論会で「gaccatz」が理用された。

関連URL

gaccatz

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
主体的に学ぶ力をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! 1:アルバム機能、2:学びの振り返り機能
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス