1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 仮想知的労働者と人間が共存する世界目指し「日本RPA協会」設立

2016年7月22日

仮想知的労働者と人間が共存する世界目指し「日本RPA協会」設立

RPAテクノロジーズが発起人となり、日本のRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)普及に関わる企業や団体、有識者が集結し、省庁とも連携しながら議論を深めてビジョンを共有、その普及を図る一般社団法人「日本RPA協会(英文名:Robotic Process Automation Association Japan)を、7月20日に設立した。

rpa-2

日本RPA協会は、RPA業界の健全な発展、エコシステムの活性化により、仮想知的労働者(Digital Labor)と人間が共存する世界を目指す。

また、世界のRPA市場における日本のプレゼンスの向上に貢献することを目的とする団体。今後、新たなRPAを活用したビジネスが生まれやすい環境を整え、業務効率化による社会発展に向けた一つの視点として、様々な案が生まれる場にしていくとしている。

関連URL

日本RPA協会

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
主体的に学ぶ力をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! 1:アルバム機能、2:学びの振り返り機能
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス