1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 凸版印刷と浜松市、慶應大が学習応援システムを活用した実証研究開始

2016年7月29日

凸版印刷と浜松市、慶應大が学習応援システムを活用した実証研究開始

凸版印刷は28日、静岡県浜松市、慶應義塾大学総合政策学部の中室牧子准教授と、「学習応援システム実証研究にかかる協定」を締結した。3者は、凸版印刷の小学校向け学習応援システム「やるKey」を活用した学力向上の実証研究を9月から開始する。

「やるKey」の利用イメージ

「やるKey」の利用イメージ

この実証研究は、ICT活用による学力向上、学習内容の定着、家庭学習の充実を目的に実施される。

浜松市が、学習応援システム「やるKey」が入ったタブレット端末を児童に貸与し、授業と家庭学習に活用することで、学力向上などに関する効果的な方策を検証する。

具体的には、浜松市が指定したモデル校の大瀬小学校、犬居小学校、庄内小学校で、小学3年生~6年生の児童約500人を対象に、2016年9月~2017年7月までの11カ月間で実証研究を実施する。

「やるKey」は、子どもたちがタブレット端末を活用し、学校の単元に沿った学習を行えるデジタル教材。児童が目標を立てる機能や、児童の頑張りを可視化することにより、児童の成長実感や達成感、教師・保護者からの評価による動機付けを与えるという。

関連URL

凸版印刷
静岡県浜松市
慶應義塾大学

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス