1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 凸版印刷とEnglishCentral、経産省「EdTech導入補助金」に採択

2020年10月1日

凸版印刷とEnglishCentral、経産省「EdTech導入補助金」に採択

凸版印刷とEnglishCentral(イングリッシュセントラル)は9月30日、経済産業省が実施する「EdTech導入補助金」に採択されたと発表した。

同採択は8月25日付けで、10自治体68校で、凸版印刷のアダプティブ学習サービス「やるKey」と、イングリッシュセントラルのオンライン英語学習サイト「EnglishCentral」が導入される。

凸版印刷は、2017年から小学生向けのアダプティブ学習サービス「やるKey」を全国延べ40以上の自治体に提供。「やるKey」は、来年4月からは機能を進化させ、対応教科を大幅に拡張した新しいICT学習サービス「navima」を提供する予定。

「navima」は、子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム。子ども一人ひとりが自分に合った学びを見つけ、自分のペースで学びを進めることができる。

教科は、算数/数学・国語(読解・漢字)・理科・社会に加え、英語も追加予定で、主要5教科に対応。ドリルの高機能化だけでは実現できない、子どもが自分のペースで学ぶ、子どもが「主役」の学習体験を提供する。

一方、「EnglishCentral」は、英語学習の基本である「聞く」「読む」「話す」が効果的に学習できるよう、教育学、脳科学、音声科学など最先端の研究をもとにGoogle社の投資子会社「Google Ventures」社の投資を受けて、アメリカで開発されたサービス。

1万4000本を超える動画コンテンツとオンライン英会話を組み合わせた数少ない総合英語学習サービスで、Googleのグループ会社として培った技術と音声認識テクノロジーによる発音診断で、日本人が苦手意識を持つ発音練習を効果的に行うことができる。

関連URL

「EdTech導入補助金」採択の詳細

凸版印刷

「navima」

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス