1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. オンライン英語トレーニング「スパトレ」、経産省「Edtech導入補助金」に採択

2022年4月18日

オンライン英語トレーニング「スパトレ」、経産省「Edtech導入補助金」に採択

スパトレは15日、同社のオンライン英語トレーニングサービス「スパトレ」が、経済産業省が実施する「EdTech導入補助金」に採択されたと発表した。

今回の採択で、5月半ばごろから2023年3月31日までの期間、全国の公立・私立の中学校、高校が、同補助金を活用して無償で「スパトレ」を導入できるようになる。

「スパトレ」は、25分のSkypeで外国人講師と英語の授業をマンツーマンで行うサービスで、第2言語習得論の第一人者である白井教授が社外取締役として監修。話す体験にとどまらない学習ができるのが特徴。

東京書籍・三省堂・開隆堂・光村図書といった教科書会社と提携して、教科書に準拠したプログラムをスピーキングだけでなくライティングやリスニングなど全てのパートで利用できる。

生徒1人に対し1人の講師がオンラインで指導するマンツーマンまたはグループの授業をオンラインで受講できる。

「できる子」には発展的な内容を、「苦手な子」には基礎を、「興味がない子」には関心を持たせるような活動を同時間で同じユニットに対し行うことができる。

事前に日本語の授業を確認し、ウェブサイトで予約できる。ライティングを提出すればネイティブの講師が添削を生徒個人に戻し、さらに指導計画に基づく5段階の評価を行う。

関連URL

「スパトレ」

「スパトレ」学校・教育機関向け

EDtech導入補助金

スパトレ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス