1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. プロジェクションマッピング世界一を決める国際コンペが新潟で開催

2016年9月13日

プロジェクションマッピング世界一を決める国際コンペが新潟で開催

プロジェクションマッピング協会 (PMAJ) は12日、アジア最大のプロジェクションマッピング国際コンペティションを、シルバーウィークに新潟市歴史博物館みなとぴあで開催すると発表した。

「DOOR」をテーマに、過去最多の25の国と地域から79組のクリエーターチームと作品がエントリー。その中から厳選された15作品がファイナリストに選ばれ、「みなとぴあ」でプロジェクションマッピング上映。最終日9月19日の審査で今年の世界一が決定される。優勝賞金は100万円。

新潟市歴史博物館「みなとぴあ」は西洋デザインの外観をもった美しい建築

新潟市歴史博物館「みなとぴあ」は西洋デザインの外観をもった美しい建築

PMAJは昨年に続き、新潟市とともにプロジェクションマッピング世界大会を含む「にいがた☆MINATOPIKA2016」をシルバーウィークの9月16日~19日の4日間にわたり「みなとぴあ」で開催する。

今回の注目は、人工知能が制作した作品がコンペに参加していること。人工知能の草分け的な会社とプロジェクションマッピング有識者によってチームが結成され、ファイナリストとしても選出されて、その作品の中身に関心が集まっている。

ゲストとしてHIFANAとStrawhatz by QuickStyleが16日に出演の予定。また、ゲスト作家としてNeba Studio (昨年度グランプリ)も招待されている。 さらに、ハンガリーのブタペストを拠点に活動するCGクリエイター、VJ、アートディレクターのBordosArtWorks氏が初来日。氏はプロジェクションマッピング表現に早期から取り組み、エッフェル塔やドバイの巨大ホテル、Mapping Festivalでの作品など、世界にインパクトを与え続けている。今回は審査員の他、氏のゲスト作品も上映予定。18日には氏によるゲストトークも予定している。

概要

開催日 : 9月16日 (金) ~19日 (月) までの4日間。
公開審査会、表彰式 : 9月19日 (月)
開催時間 : 18:30~21:00
会場 : 新潟市歴史博物館「みなとぴあ」(新潟市中央区柳島町2-10)
コンペ作品15本、ゲスト作品2本を上映 1回の全体上映時間は約40分~45分程度
入場料 : 無料、有料 (椅子付き優先席 : 9月16日1000円、9月17日以降1万9500円)
優先席申し込み

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ITパスポート WEB通信講座 受講料11,000円 資格★合格クレアール
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス