1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 人工知能搭載ロボット「Kibiro」が青山ブックセンターでブックコンシェルジュ

2016年10月28日

人工知能搭載ロボット「Kibiro」が青山ブックセンターでブックコンシェルジュ

FRONTEOの子会社であるFRONTEOコミュニケーションズ、ブクログ、青山ブックセンターの3社は、人工知能搭載ロボット「Kibiro(キビロ)」を活用した共同イベントを、10月28日から11月10日まで青山ブックセンター本店で開催する。

Kibiro特別コーナーイメージ

Kibiro特別コーナーイメージ

「Kibiro」は、AIブックコンシェルジュとして青山ブックセンター本店の特設コーナーに1台設置され、来店客に好みの本を提供する。

ブクログが持つ本のレビューデータを使用し、来店客がベストセラー(小説・ビジネス書)30冊の中から好みの本または興味のある本をピックアップして「Kibiro」に教えると、「Kibiro」はその本のレビューデータを元に、青山ブックセンターがセレクトした書籍100冊(小説・ビジネス書)とマッチング、好みがぴったりなものを解析で選び出し、来店客におすすめするという。子どもの場合は、ベストセラー絵本10冊の中から好みの本を選び、青山ブックセンターセレクトの絵本30冊の中からのおすすめとなる。

「Kibiro」は、FRONTEOが独自開発した人工知能「KIBIT(キビット)」を搭載し、KIBITがそれぞれの本のレビューに込められた文脈や意味を読み取っておすすめするため、キーワード検索や購買履歴によるおすすめとは一味違い、ジャンルを超えて思いがけない本との出会いを提供するという。

「Kibiro」はこれまでも東京都内・近郊の集客力が高いエリアで週末などに同様の短期間イベントを行っていたが、書店で2週間行う機会は初めてとなる。

関連URL

FRONTEO

FRONTEOコミュニケーションズ

ブクログ

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス