1. トップ
  2. データ・資料
  3. AI&ロボット活用に対する意識調査 「医療編」結果を発表

2016年11月24日

AI&ロボット活用に対する意識調査 「医療編」結果を発表

ジャストシステムは22日、「人工知能 (AI) &ロボット活用に対する意識調査 [医療編] 」の結果を発表した。

report-medical_ai-20161122

同調査は、11月17日~21日の期間に全国の20~60代の男女555名を対象に行ったもの。

それによると、約4割が「医療現場での人工知能活用に賛成」、約3割が「将来、AIが診断をするようになる」と予想。

一方で、「医師に置きかわるというよりは、支援するようなものになる」と予想する人が46.5%で、割合としては最も高くなった。

AIによる診断を支持する理由としては、複数回答で「待ち時間によるストレスが緩和されそうな気がする」(46.7%) が最も多く、次いで「根拠を明確に示してくれ、結果に納得できそう」(45.8%)、「治療にかかる時間的コストが改善されそう」(45.3%) と続いた。

関連URL

調査結果の詳細レポート

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
主体的に学ぶ力をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! 1:アルバム機能、2:学びの振り返り機能
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス