1. トップ
  2. データ・資料
  3. AI&ロボット活用に対する意識調査 「医療編」結果を発表

2016年11月24日

AI&ロボット活用に対する意識調査 「医療編」結果を発表

ジャストシステムは22日、「人工知能 (AI) &ロボット活用に対する意識調査 [医療編] 」の結果を発表した。

report-medical_ai-20161122

同調査は、11月17日~21日の期間に全国の20~60代の男女555名を対象に行ったもの。

それによると、約4割が「医療現場での人工知能活用に賛成」、約3割が「将来、AIが診断をするようになる」と予想。

一方で、「医師に置きかわるというよりは、支援するようなものになる」と予想する人が46.5%で、割合としては最も高くなった。

AIによる診断を支持する理由としては、複数回答で「待ち時間によるストレスが緩和されそうな気がする」(46.7%) が最も多く、次いで「根拠を明確に示してくれ、結果に納得できそう」(45.8%)、「治療にかかる時間的コストが改善されそう」(45.3%) と続いた。

関連URL

調査結果の詳細レポート

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 学校現場のICT活用情報冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録