1. トップ
  2. データ・資料
  3. イオレ、0歳~小6保護者の「受験アンケート」結果を発表

2018年7月17日

イオレ、0歳~小6保護者の「受験アンケート」結果を発表

グループコミュニケーション支援サービス「らくらく連絡網」を運営するイオレは12日、0歳~小学6年生までの子どもを持つ、らくらく連絡網会員を対象に実施した「受験に関するアンケート調査」の結果をまとめ発表した。

00調査は、同会員1041人に対し、4月23日~5月7日にかけてインターネットで実施。それによると、「子どもの受験予定」については、19.1%が「受験する」と回答。受験する対象先は「中学校受験」88.2%、「小学校受験」10.7%、「幼稚園受験」1.1%の順だった。

01「子どもの受験を決めた理由」については、受験する幼稚園・小学校・中学校は「教育カリキュラムが充実している」41.9%、「子どもの個性を伸ばせる」36.7%、「内部進学ができる」29.6%の順。

「受験で気をつけていること」は、「子ども本人の意思の尊重」との回答が56.7%で最も多く、子どもに一方的に押しつけたくないという親の想いが表れていた。 2位の「食生活や睡眠などの健康管理」42.2%は、昨年の調査時には「食生活などの健康管理」という選択肢で全体の5位だったが、「睡眠」というキーワードを入れたところ2位になった。

受験活動中の不安や悩みを聞いたところ、最も多かった内容は「受験が自分の子どもにあっているのか」という不安で59.5%。次いで、「塾などの勉強に費用がかかる」52.4%、「受験の費用がかかる」36.5%。

「悩みを誰かに相談したことはあるか?」と聞いたところ、1番の相談先は「配偶者」61.5%。2番目に多かったのが「なし」の40.9%で、相当数の保護者が、子どもの受験に関する悩みや不安を抱えたままにしていることが判明した。

また、「どのようにして受験に関する情報を収集しているか」尋ねたところ、「学校や塾で話を聞いたり、資料をもらう」48.4%と「インターネットで調べる」47.2%が2大情報収集経路だった。次いで、「自分の友人に話を聞く」27.0%、「自分の友人以外の受験経験者に話を聞く」21.2%が続き、人から生の情報を入手する傾向にあった。

関連URL

イオレ

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
SHARP BIG PAD Capmus 「GIGAスクール」時代に欠かせないツール 電子黒板とは?
プログラミングを子どもに教えたい大人向け1日講座 毎月開催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス