1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 三島市、小中学校21校の全普通教室に電子黒板「xSync Board」導入

2017年1月24日

三島市、小中学校21校の全普通教室に電子黒板「xSync Board」導入

パイオニアVCは23日、同社の電子黒板「xSync(バイ シンク)Board」364台を静岡県三島市の小中学校21校に導入したと発表した。

三島市立佐野小学校で、電子黒板「xSync Board」を利用した授業の様子

三島市立佐野小学校で、電子黒板「xSync Board」を利用した授業の様子

「xSync Board」は、同市の小学校14校には2015年8月、中学校7校には2016年8月に、特別支援学級を含む全ての普通教室へ設置され、児童・生徒の効果的な学力育成に向けて、日常の授業での活用が進んでいるという。

「xSync Board」は、電子黒板が授業で利用される中で最も多い操作である「表示拡大する」、「ペンで書き込む」を外付けボタン(イージーコントローラー)で操作することが可能。電子黒板と同時期に導入された書画カメラを外付けボタンから操作でき、ICTが苦手な先生でも直感的に利用できるという。

また、専用のペンを利用することなく、画面上に指のタッチで書き込むことができるため、手元を気にすることなく授業の流れに沿ってスムーズな利用もできるという。

さらに、ディスプレイ型の電子黒板なので、教室のカーテンを閉めることなく、デジタル教科書や書画カメラで取り込んだ画像を明るく表示できる。児童・生徒が明るい環境で学習に取り組むことが可能だ。

関連URL

パイオニアVC

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi 入試改革・新課程を見据えた 学校とICTのあり方を考える会 9.14 土 全国16拠点で同時開催! 詳細はこちら
NICA 全国ICTクラブ協会 無料セミナー Society5.0時代を生き抜く子どもを育てるための ママパパICT&プログラミング講座

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 札幌新陽高校 すらら×探求学習
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス