1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. エルモ社、GIGAスクール構想対応も「xSync Board」2020年度モデル発売開始

2020年7月3日

エルモ社、GIGAスクール構想対応も「xSync Board」2020年度モデル発売開始

エルモ社は6月30日、学校や教育機関を対象に、GIGAスクール構想に向けた新モデルもラインナップした電子黒板「xSync Board 2020年度モデル」を7月上旬から発売すると発表した。


「GIGAスクール構想の実現」に全国の自治体では、タブレットPC端末含めたICT環境整備や活用に向けた取り組みが加速。同社にも「整備される端末を授業の中でどのように活用していったらよいのか」という相談が多いという。

同モデルの発売により、今までの授業スタイルはもちろん、協働学習への対応も簡単に実現可能。

新しい電子黒板(xSync Board)では、どんなアプリを使っているときでも画面から消えることのない安心の物理操作ボタン(イージーコントローラー)が、さらにシンプルになり、機能を厳選した7個だけのボタンで新登場。

また、実物を共有する機会の多い学校・教育現場だからこそ活躍する書画カメラ(実物投影機)をUSBケーブル1本で接続。

さらに、自由に専用アプリケーションをインストールできるプラットフォーム「ELMO Play」にも対応し、オフィスビューアーソフトやSTEAM教材(Scottie Go Edu)なども利用できるという。

同モデルは、GIGAスクール構想実現活用モデルと従来通りのTVチューナー内蔵モデルも合わせ、55型~86型まで豊富なラインナップで発売。

関連URL

エルモ社

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
ぼくたちは、世界標準で学ぶ こどもOffice(R) Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト 製品サイトへ
NICA 全国ICTクラブ協会 Webニュースライター講座 ≪オンライン開催≫ あなたもプロになれる!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス