1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 英語で理科を学べる教材「玉井式 国語的理科教室」発売

2017年1月28日

英語で理科を学べる教材「玉井式 国語的理科教室」発売

タマイインベストメントエデュケーションズは23日、学研プラスとコラボレーションし、実写の映像と、ICT技術を活用したアニメーションによる解説とを駆使した理科の教材「玉井式 国語的理科教室」を開発し、1月から学校、学習塾に向けて発売したと発表した。

映像サンプル画像

映像サンプル画像

「玉井式 国語的理科教室」とは、小学校4年生から6年生までを対象としたICT映像付きの理科教材。最大の特徴は、設問がほぼ答えを文章で書かなくてはならない「記述式」に特化したものということ。

記述式では文章による表現力が問われるので、問題を理解し、論理的な答えを書くためには、それをわかりやすく表現する力が必要。問題の難易度も、ヒントやキーワードを提示した易しい問題から高難度のフリー記述問題まであり、論理的な答えを書くことができるようになるための段階的なステップアップができるようになっている。

授業では、各生徒が書いた答えを発表したり、それを聞いていた別の生徒に問いかけをしたりして議論するなど、アクティブ・ラーニングの要素を含ませながら、答えを構成する上での考え方を増やし、記述力をブラッシュアップさせることができる。

また、玉井式国語的理科教室には、日本語音声と英語音声を切り替える機能が搭載されており、まずは日本語で各単元を学習し、その後英語ヒアリングの絶対量を増やすことを目的に、聞き取り練習をするなどして、英語音声を使用。すべての英語音声を聞き取ることは難しいかもしれないが、一度日本語で学習したことなので内容を理解することができという。

関連URL

玉井式

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス