1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. ICT教育のあり方考える「みらいのまなびフォーラム」名張市で2月4日開催

2017年1月27日

ICT教育のあり方考える「みらいのまなびフォーラム」名張市で2月4日開催

教育クラウドプラットフォーム協議会は、総務省と共催で、“みらいのまなび”を創造するイベント「みらいのまなびフォーラム in なばり」を、2月4日に三重県名張市で開催する。

第1部では、東京大学の松田 良一 教授の基調講演「学びとは何か?…それは、魔法 」のほか、松田教授に慶應義塾大学大学院の岩本隆 特任教授とリクルート次世代教育研究院の小宮山 利恵子 院長が加わり「本気の大人たちが語るみらいのまなびとは何か?」と題したパネルディスカッションなどを予定している。

第2部では、総務省情報流通行政局情報通信利用促進課の御厩 祐司 課長による『なぜ国が教育の情報化を推進するのか?』や、御厩課長に奈良女子大学研究院の駒谷 昇一 教授、学研教育アイ・シー・ティーの北居 誠也 代表取締役社長、Z会 ICT事業部 執行役員の草郷 雅幸 事業部長が加わったパネルディスカッション「総務省実証事業から見えて来たプログラミング教育の地域・教育現場での導入方法とは?(仮)」などを予定してる。

イベント全体を通じ、『名張市子ども教育ビジョン』(夢をはぐくみ、心豊かで 元気な 「ばりっこ」)を実現するため、名張市が推し進める初中一貫教育及びコミニティスクールの土台・網となる「教育の情報化」の必要性について、地域の住民、関係者の理解につながることを目指しているという。

開催概要

開催日時:2017年2月4日(土) 12:30-16:30
開催場所:三重県立名張桔梗丘高校体育館 地図

参加は自由で申込不要。名張市の住民以外は当日記帳が必要。

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 文武両道を実現! すらら×東海大学菅生高等学校
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス