1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 小中高校生と保護者を対象に「インターネットリテラシー授業」を開始

2017年1月31日

小中高校生と保護者を対象に「インターネットリテラシー授業」を開始

SCホールディングスは、ケイ・オプティコム、デジタルアーツと提携し、小中高校生と保護者を対象にした「インターネットリテラシー授業」を、同社が全国に展開する398教室の「個別指導塾スタンダード」にて3月1日から開始すると発表した。

「インターネットリテラシー授業」は、ケイ・オプティコムとデジタルアーツから提供された教材を使用し、SCホールディングスが運営する個別指導のカリキュラムの1つとして実施する。

生徒2名に対し講師1名の1対2の個別指導で、それぞれの理解度や実際にインターネットやSNSを利用する際に生じている悩みに応じて、重点ポイントや解説をカスタマイズすることで、よりわかりやすく具体的に指導をしていくという。

同社では、「教育サービス」「通信サービス」「フィルタリングサービス」の相互協力で、子どもや保護者のインターネットリテラシー向上を促進し、子どもたちをインターネットやスマートフォンに潜む危険から守っていきたいとしている。

関連URL

SCホールディングス

ケイ・オプティコム

デジタルアーツ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス