1. トップ
  2. 学校・団体
  3. デジハリ「コンテンツ教育学会」を設立し春季研究大会を3月開催

2017年2月13日

デジハリ「コンテンツ教育学会」を設立し春季研究大会を3月開催

デジタルハリウッド大学大学院は10日、「コンテンツ教育学会」を設立し、同学の高橋光輝准教授が理事長に就任したことを発表した。3月8日には春季研究大会を開催する。

「コンテンツ教育学会」は、映画、アニメ、マンガ、ゲーム、音楽、ファッション、食、建築、プロダクツ、その他ビジネス全般の制作・流通を担うコンテンツ産業分野における教育研究 (コンテンツ教育) に加え、ビジネススクールでの教育研究の知見集積と発展を目的として設立された。

理事長に就任した高橋氏によると、コンテンツ分野の教育において、以前からその多くを担ってきた専門学校や各種学校に加えて、近年では大学・大学院にコンテンツ関連の学部が設けられることが一般化。さらに、中央教育審議会で「専門職業大学制度」の創設が提言されるなど、社会・経済の変化に応じた実務的な専門職業人材の必要性も拡大している。また、MBAなどに代表されるビジネススクールも、国内に数多く設置されるなか社会の動向に応じて多様化をみせており、高度職業人養成の観点からもコンテンツ分野との親和性がきわめて高くなってきているという。このような問題意識から学会の設立に至ったとしている。

「2020年のコンテンツ産業とコンテンツ教育」をテーマに、3月8日に東京・渋谷の東放学園音響専門学校清水橋校舎で、2017年度春季研究大会を開催する。

大会の概要

開催日時:3月8日 (水) 10:00~17:00
開催会場:東放学園音響専門学校 清水橋校舎2S1教室 [東京都渋谷区本町3-40-6]

参加申込

関連URL

コンテンツ教育学会への入会

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス