1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 家族見守りアプリ「まもるゾウ2」がモニタリング機能を提供開始

2017年3月22日

家族見守りアプリ「まもるゾウ2」がモニタリング機能を提供開始

AXSEEDは21日、子どもをスマートフォン依存やネットの危険から守るアプリ「まもるゾウ2」の新機能として、各スマートフォンアプリの利用時間と時間帯別利用状況を確認できる「モニタリング機能」の提供を開始した。

d2222-34-600147-0「まもるゾウ2」は、スマートフォンの利用ルールを設定できる「チャイルド・ガード」をはじめ、子どもの帰宅・外出を保護者に通知する「帰宅通知」、災害などの緊急時に利用できる「家族防災ガード」、スマートフォンを紛失した際に役立つ「プライバシー・ガード」など、子どもの安心・安全なスマートフォン利用に必要な4機能を備えている。料金は、保護者用・子ども用ともに無料 (「チャイルド・ガード」のみ1台あたり月額使用料税込150円)。

「まもるゾウ2」の保護者ユーザから、子どものスマートフォン利用を制限するだけでなく、利用状況を把握できる機能がほしいとの要望が多く寄せられていたことから、新たに「モニタリング機能」を開発・提供することとなった。

新機能では、子どものスマートフォンにインストールされているアプリの利用時間と時間帯別利用状況を1日ごとにグラフ化し確認することが可能。学校にいる時間や深夜に利用していないか把握したい保護者のニーズにも対応している。利用状況の確認画面は、「まもるゾウ2」の保護者用だけでなく、子ども用アプリからも見ることができ、アプリ制限を併用して使う場合の目安にもなる。「モニタリング機能」を利用することで、親子で利用ルールを決めたり、ルールが守られているかを確認したりするのに役立つと期待される。

同社では今後、スマートフォン利用の傾向分析や警告機能、電話モニタリングなどの「モニタリング機能」の拡張や、「まもるゾウ2」子ども用のiOS版リリースを予定している。また、今夏に向けて、学校や塾などの教育機関の導入に必要な機能の開発も行っていくとしている。

関連URL

「まもるゾウ2」製品サイト

保護者用Android

保護者用iOS

子ども用Android(子ども用はAndroidのみ)

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト こどもOffice(R) ぼくたちは、世界標準で学ぶ GIGAスクール構想にも最適です!
NICA 全国ICTクラブ協会 Webニュースライター講座 ≪オンライン開催≫ あなたもプロになれる!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス