1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 楽天が英語公用語化の知見を武器に英語教育事業スタート

2017年4月24日

楽天が英語公用語化の知見を武器に英語教育事業スタート

楽天は21日、テクノロジーを活用した総合英語学習サービス「Rakuten Super English」を開始し、英語教育事業に本格的に参入した。

楽天は、2010年から社内公用語の英語化に取り組み、従業員のTOEICテストスコアの平均点は楽天単体で830点を超えている。「Rakuten Super English」では、社内公用語の英語化で得たノウハウを活用し、テクノロジーによる英語力強化ツールの提供や、企業・団体への英語化コンサルティングを行っていく。

事業第1弾として、Lingvist社が提供する外国語学習ソフト「Lingvist」と、楽天グループのReDucateが提供する英語学習アプリ「まなみ~」を提供している。

「Lingvist」は、これまで海外ユーザーを中心に複数の言語学習に対応しており、世界中で累計60万人の登録ユーザーがいる。楽天との協業により、日本のユーザー向けには、日常英会話やビジネス英語に対応した英単語を学べるソフトを提供していく。

「まなみ~」は、小学生から高校生までの授業で学ぶ英単語を学習できる英語学習アプリ。英訳、和訳、アクセント、スペル入力など多彩な問題形式を揃えており、ゲーミフィケーションのコンセプトにもとづき、ゲーム感覚で楽しく学習が続けられるように設計されているという。

今後楽天は、英語力強化を支援するツールやサービスを提供するとともに、教育機関や企業・団体向けに、英語活用方法や英語力向上に関するコンサルティングなども行っていく。

また、現在「Rakuten Super English」の開始を記念して、5月25日までの期間限定で、エントリーをして有料会員登録をした人全員に1名につき「楽天スーパーポイント」200ポイントをプレゼントするキャンペーンを実施している。

関連URL

Rakuten Super English

「Rakuten Super English」Open記念キャンペーン

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス