1. トップ
  2. 学校・団体
  3. iTeachers TV Vol.92 武蔵野大学 荒木 貴之 先生(前編)を公開

2017年5月3日

iTeachers TV Vol.92 武蔵野大学 荒木 貴之 先生(前編)を公開

iTeachers TVは3日、iTeachers TV Vol.92 武蔵野大学教育学部の荒木 貴之先生による「学習者中心主義に基づく、教育の展開とICT活用(前編)」を公開した。

0503-it学習用SNS(Edmodo)を活用した、非同期型e-Learningの事例として、近畿大学附属高等学校の実践(江藤教諭)と、同志社中学校・大阪府立箕面高等学校間で行われた協働学習(反田教諭・日野田校長高木教諭)の実践を紹介。近大附属実践では、生徒間評価を加えることが学習を促進する可能性が示された。同志社箕面実践では、協働学習を支えたのは熟達者としての高校生であることが示された。これらの研究成果は、今後学習用SNSを導入しようとする学校に対して、大きな示唆を与えてくれるものだという。

荒木先生の主たる研究領域は、非同期型e-Learningによる協働学習の効果。大学院では「国際教育研究」、学部では「21世紀型スキルの育成」を担当。千代田女学園高等学校は、国際バカロレア候補校であり、隣接する千代田インターナショナルスクール東京とともに、新たな国際教育を展開していく。日本アクティブ・ラーニング学会副会長。

後半の「教育ICTなんでも3ミニッツ」は、同志社中学校・高等学校の反田 任 先生による「おすすめの英語学習アプリ」。今回紹介するのは、「mikan」。

反田先生は、EdTech Promotions Manager(ICT教育推進担当)。2014年度からOne to One での iPad 導入や Wi-Fi ネットワークの構築を進めてきた。担当教科は 「英語」。ICT を活用しながら、知識、語学力、思考力、コミュニケーション能力をつける発信型の英語教育をめざしている。Apple Distinguished Educator Class of 2015,  Intel Teach マスターティーチャー。

□ 学習者中心主義に基づく、教育の展開とICT活用(前編)

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス