1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. マイナビ、HR領域に特化したAIを使い学生の企業研究をサポート

2017年7月19日

マイナビ、HR領域に特化したAIを使い学生の企業研究をサポート

マイナビは18日、三菱総合研究所 (MRI) と共同で、HR (人材) 領域に特化したAIエンジン「HaRi (ハリ)」を活用した新たなサービスを、企業・学生向けそれぞれに開発したことを明らかにした。新サービスは今秋リリースの予定。

0719-mn2
「HaRi」はMRIがこの7月に開発したHR領域の課題を解決・支援するAIエンジン。汎用AIではなく、採用に関する実務を通して収集したデータをもとに、AIならではの客観性・統一性と高速性を両立する判定能力で、企業や学生の活動をサポートする。

マイナビとMRIは、2016年10月に企業向け採用支援サービス「エントリーシート優先度診断サービス」を共同開発しており、企業の過去の採用実績を使って選考・評価基準をAIが学習し、企業にとっての優先度をエントリーシートごとに予測して出力する補助ツールとして企業で活用されているが、今回新たに「辞退可能性予測」や、文章のコピペを見抜くことができる「剽窃診断機能」などを追加して、「AI優先度診断サービス」と名称も変更した。

0719-mn

また、マイナビとして初めて学生向けサービスにAIを導入し、学生の企業研究の幅を広げるサポート機能を開発した。これによりAIが大量の文章データを学習することで、掲載情報の持つ「意味」を理解し、「単語の一致」にとどまらないマッチングが可能となった。2万社を超える企業情報と学生の記述内容による親和性を分析し、学生の所属学校の採用実績や専攻分野、志望業種といった条件との掛け合わせにより、学生自身で検索条件を調整することもできる。

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス