1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 分身ロボットが「遠隔出社」、新しいテレワーク方法の研究開始

2017年7月24日

分身ロボットが「遠隔出社」、新しいテレワーク方法の研究開始

遠隔操作型ロボット「OriHime」を開発・提供しているオリィ研究所は21日、WITH ALSと共同で、様々な理由で働くことができない人達がテレワークで仕事を続けられる可能性を研究するプロジェクト「働くTECH LAB」を開始すると発表した。

0724-tlWITH ALSで代表を務める武藤将胤氏は、3年ほど前、「1万人に1人」といわれる難病ALSと診断。病気が進行し、従来の方法で仕事を続ける事が困難になった。今年3月、大手広告会社を退社し、起業した自身の会社で、同じように病気と闘う患者達やそれを支える介護の家族が、家にいながら働ける環境を作るモデルケースを立ち上げるべく活動を開始した。

武藤氏が考えたのは「常に一緒に仕事をしている」という状況を作れる分身ロボットを活用したテレワーク、「ロボットテレワーク」。「ロボットテレワーク」を実現するロボット「OriHime」を見つけ、開発会社のオリィ研究所と協力して、自宅から群馬県の中学校でバリアフリーデザインの遠隔授業を行い、子どもらと交流するロボットテレワークのトライアルを行った。

「OriHime」はカメラ、マイク、スピーカーが内蔵された遠隔操作が可能なロボット。オリィ研究所も、北海道在住の難病患者、岩手県在住の入院患者、神奈川在住の1歳児育児中の母親など、様々な事情で外出できない人を「OriHime」でのテレワーカーとして雇ってきた。

WITH ALSはオリィ研究所と連携し、情報をやりとりする通常のテレワークではなく、そこに居るような存在感を感じさせるロボットテレワークならではの働き方、ロールモデルを調査研究し、活用ノウハウをまとめ、SNSやホームページを通して発信していくことで合意。

将来的には、ロボットテレワーカーの教育や紹介を行う他、短期的には「OriHime」利用者に対して入院療養中のライターが「OriHime」を使いテレワークで取材をし、ロボットテレワークの実例やノウハウを調査、報告する予定だという。

共同プロジェクトの第一弾として、7月21日に、ロボットテレワークの事例ムービーを公開した。

関連URL

共同プロジェクト「働くTECH LAB」

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 導入実績多数!まとめてサポート
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス