1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. VRプロアカデミー、「Unity認定試験」を10月実施

2017年7月27日

VRプロアカデミー、「Unity認定試験」を10月実施

バーチャルリアリティ(VR)専門の教育機関「VRプロフェッショナルアカデミー」は26日、日本でいち早く「Unity公式認定試験」を10月14日に東京・お茶の水で開催すると発表した。

0727-vr
また、VRアカデミーではUnity認定試験の問題を分析し、問題の傾向や出題範囲、そして学習方法などをまとめた「Unity試験合格対策講座」も実施する。

Unityはゲーム開発の世界標準のメジャーな開発ツール。ゲームのみならず、VR/ARコンテンツなどのソフト開発に幅広く利用されている。

特にゲーム開発の現場において必要とされる、Unityに関する知識と技能が一定水準に達していることを、米国Unity Technologies本部が認定する公式の試験がUnity認定試験。

認定試験は業界で必要なスキルを基準に作られているので、認定取得者は単なるUnityオペレータではなく、ゲームデザインや業界に関する基礎知識を持ち、現場で活躍できるだけのポテンシャルを持った存在として認められる内容になっている。

Unity認定試験の試験時間は90分で、問題数は100問。合格基準は正答数70%以上。出題形式は選択問題、マッチング問題、カーソル問題。試験価格は2万4000円(税抜)。

「試験合格対策講座」概要

日時:<第1回>【対策講座】10月7日(土)10:00~12:00【認定試験】10月14日(土)9:00~12:00
<第2回>【対策講座】10月21日(土)10:00~12:00【認定試験】10月28日(土)9:00~12:00
定員:各回30人
講座受講料:1000円(税抜)
Unity認定試験料:2万4000円(税抜)
試験会場:VRプロフェッショナルアカデミー・お茶の水校

関連URL

Unity公式認定試験

2か月間の「すらら」学習時間を競うイベント! 2020.12.1-2021.1.31 すららCUP -ひとりじゃ見えない景色を見にいこう- すららカップエントリー受付中
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
自立学習型能力開発 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 導入事例をご紹介 速読解力講座 速読聴英語講座 簡単入力で資料請求
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • スタディサプリ これがICT教材のトータルパッケージ 1分で資料入手!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス