1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 追手門大、小学生向け体験教室でロボットプログラミング

2017年7月28日

追手門大、小学生向け体験教室でロボットプログラミング

追手門学院大学は、大学生が講師を務める小学生向け教育プログラム「おうてもんジュニアキャンパス2017夏」を、8月5日に同大キャンパスで開催する。

このジュニアキャンパスは、小学生が大学のクラブ活動を体験するイベントで、「落研お笑い教室」や「ロボットプログラミング教室」など多彩な講座を用意。また、追手門学院中・高等学校の教員による教室や、中学校の見学会も開催する。

「おうてもんジュニアキャンパス」は、小学1年~6年生まで楽しめる行事として毎年2 回開催。大学生は、小学生と一緒になって取り組むことで、指導の難しさや面白さを感じ取ることができる。また小学生には、この体験を通じて大学がどのようなものかを感じ取り、将来を考えるきっかけにしてもらうのが目的。

当日は、文化系クラブを体験する教室や工作教室など、午前と午後の部あわせて17教室を用意。国際教養学部国際日本学科に笑学コースを設け、「笑いの学問」に力を入れる追手門学院大ならではのプログラムも行われ、落語研究会の「落研お笑い教室」では落語を鑑賞した後に大喜利を体験する。

また、ロボットプログラミング教室を展開するオーティーエム(追手門学院100%出資事業会社)による教室も開講。ロボットプログラミングを通して子供たちが夢を実現するための力を育むという。

開催概要

開催日時:8月5日(土)午前の部10:00~12:00、午後の部13:15~15:15
開催会場:追手門学院大学・茨木キャンパス[大阪府茨木市西安威2-1-15]
参加人数:小学生300人
内容:①小学生対象、大学生と一緒に大学のクラブ活動を体験する全14教室②中・高等学校教員による3教室の開催③追手門学院中学校の見学会

関連URL

追手門学院大学

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
GIGAスクール構想 標準仕様書スペックに対応したタブレット端末が登場 Sky安心GIGAタブレット Windows10 Office 365搭載 Sky
NICA 全国ICTクラブ協会 《オンライン開催》 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス