1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 追手門学院大、産学連携でオンラインインターシッププログラムを開発へ

2020年5月17日

追手門学院大、産学連携でオンラインインターシッププログラムを開発へ

追手門学院大学(大阪府茨木市)は15日、オンラインによるインターンシッププログラムを産学連携で開発することを発表した。

これは、新型コロナウイルスの感染拡大による影響で従来のインターンシップが中止となる中、新たな形のインターンシップを模索するべく企画されたもの。これまで学生を受け入れてきた企業と共に開発検討会を設立し、8月以降の実施を目指すという。


新型コロナウイルス感染拡大の影響で従来のインターンシップが中止となる中、追手門学院大学は、これまで学生を受け入れていた企業に呼びかけてプロジェクトをつくり、オンラインによるインターンシッププログラムの開発を目指している。

この取り組みは、2019年度からスタートした”社会課題をテーマに実践を通じて学びを深める”という同大独自の新教育コンセプト「WIL(Work-Is-Learning)」の下、コロナ禍の中でも企業と協働して新たなインターンシップの形を模索しようと企画したもの。これまで交流のあった企業・団体に中心に呼びかけてプロジェクト(開発検討会)を設立し、同大はホスト役を務める。

この中でお互いのニーズをすり合わせ、オンラインでできる新しいインターンシッププログラムを開発。プログラムの例としては、オンラインでできる商品企画のマーケティング調査や講演会や説明会といったイベントの企画などが想定されている。

今後、250社以上に参加を呼びかけてプロジェクト(開発検討会)を立ち上げ、6月中にオンラインインターンシッププログラムを確定して参加学生を募集。8月の夏休み期間に実施していく予定になっている。

関連URL

OIDAI WIL

追手門学院大学

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス