1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. NVIDIA、AIでレンダリング性能をスーパーチャージ

2017年8月3日

NVIDIA、AIでレンダリング性能をスーパーチャージ

NVIDIAは1日、強力な最新のレイトレーシング機能を備えたNVIDIA OptiX5.0 SDKをリリースして、レンダリングに人工知能の能力を取り入れることを発表した。

0803-nv同社が最近発表したデスクサイドのAIワークステーションNVIDIA DGX StationでOptiX5.0を実行すると、標準的なCPUベースのサーバー150台分のレンダリング性能を実現でき、こうしたGPUアクセラレーテッドコンピューティングへのアクセスによって、反復作業やイノベーションをハイスピードとハイパフォーマンスで進めながら、コストを数分の1に抑えることが可能になるという。

OptiX5.0の新しいレイトレーシング機能が、デザインやキャラクターを可視化するために必要なプロセスを加速し、プロのクリエイターが独自のコンテンツを操作できる能力を大幅に高める。AIによる新しいノイズ除去機能を備え、画像からのグレインの除去を高速化するとともに、リアリスティックなアニメーション効果には、GPUアクセラレーテッドのモーションブラーを採用している。なお、OptiX5.0は、登録済み開発者を対象に、11月に無償で提供が予定されている。

DGX StationでNVIDIA OptiX5.0を実行することで、コンテンツクリエイターは、トレーニングや推論、レンダリングを大幅に加速できる。NVIDIA DGX Stationは、デスクの下に収まる静音性の高いシステムで、NVIDIA Volta世代の最新GPUを搭載し、強力なAIレンダリングシステムを提供する。

同社は、仮想世界のレンダリングやデザイン、キャラクターの生成、創造にAI活用の道筋をつけるべく、世界有数のテクノロジー企業やハリウッドのスタジオ各社のクリエイターと連携して取り組んでいる。

関連URL

NVIDIA

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi 入試改革・新課程を見据えた 学校とICTのあり方を考える会 9.14 土 全国16拠点で同時開催! 詳細はこちら
NICA 全国ICTクラブ協会 無料セミナー Society5.0時代を生き抜く子どもを育てるための ママパパICT&プログラミング講座

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 札幌新陽高校 すらら×探求学習
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス