1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. NVIDIA、AIでレンダリング性能をスーパーチャージ

2017年8月3日

NVIDIA、AIでレンダリング性能をスーパーチャージ

NVIDIAは1日、強力な最新のレイトレーシング機能を備えたNVIDIA OptiX5.0 SDKをリリースして、レンダリングに人工知能の能力を取り入れることを発表した。

0803-nv同社が最近発表したデスクサイドのAIワークステーションNVIDIA DGX StationでOptiX5.0を実行すると、標準的なCPUベースのサーバー150台分のレンダリング性能を実現でき、こうしたGPUアクセラレーテッドコンピューティングへのアクセスによって、反復作業やイノベーションをハイスピードとハイパフォーマンスで進めながら、コストを数分の1に抑えることが可能になるという。

OptiX5.0の新しいレイトレーシング機能が、デザインやキャラクターを可視化するために必要なプロセスを加速し、プロのクリエイターが独自のコンテンツを操作できる能力を大幅に高める。AIによる新しいノイズ除去機能を備え、画像からのグレインの除去を高速化するとともに、リアリスティックなアニメーション効果には、GPUアクセラレーテッドのモーションブラーを採用している。なお、OptiX5.0は、登録済み開発者を対象に、11月に無償で提供が予定されている。

DGX StationでNVIDIA OptiX5.0を実行することで、コンテンツクリエイターは、トレーニングや推論、レンダリングを大幅に加速できる。NVIDIA DGX Stationは、デスクの下に収まる静音性の高いシステムで、NVIDIA Volta世代の最新GPUを搭載し、強力なAIレンダリングシステムを提供する。

同社は、仮想世界のレンダリングやデザイン、キャラクターの生成、創造にAI活用の道筋をつけるべく、世界有数のテクノロジー企業やハリウッドのスタジオ各社のクリエイターと連携して取り組んでいる。

関連URL

NVIDIA

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
GIGAスクール構想 標準仕様書スペックに対応したタブレット端末が登場 Sky安心GIGAタブレット Windows10 Office 365搭載 Sky
GIGAスクールでの表現活動に。 Adobe Spark 詳しくはこちら Adobe
Adobe Creative Cloud 一人年間500円以下 Adobe Creative Cloud 小中高向け 詳しくはこちら Adobe
NICA 全国ICTクラブ協会 《オンライン開催》 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス