1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. Scratchにつないで遊べるセンサー「いぬボード」&関連キット発売

2017年8月4日

Scratchにつないで遊べるセンサー「いぬボード」&関連キット発売

スイッチエデュケーションは、子ども向けプログラミング言語「Scratch」につないで遊べるセンサーボード「いぬボード」とその関連キットを7月31日に発売した。

いぬボードで「暗くなったら目が光るロボット」

いぬボードで「暗くなったら目が光るロボット」

「いぬボード」は、入力した電圧に応じて出力する音声信号の大きさが変化する機能と、入力した音声信号の大きさに応じて出力する電圧が変化する機能を持つセンサーボード。

「いぬボード」の音声入出力端子をパソコンのマイク端子とヘッドフォン端子につなぎ、プログラムで制御することで動くものを作ることができる。「いぬボード」には、アナログ信号で動かせるセンサーやアクチュエーターをつなぐことができる。

「いぬボード」は、基本的にはパソコンとつないだまま使う製品。パソコンで作ったプログラムを書き込んで、単独で動作させるといったことはできない。

「いぬボード」は、いぬボードの基板単体で1800円(税別)。ケーブル類、アナログ信号で動かせるセンサーやアクチュエーターなどは別途用意する必要がある。

「いぬボードキット」は、いぬボードをパソコンにつないで動かす時に必要なケーブル類がセットになった商品で2500円(税別)。

「いぬボードをはじめようキット」は、暗いところで目が光るロボットを作るための部材が揃ったキットで3000円(税別)。

関連URL

いぬボード

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス