1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 未就学児がタブレットでプログラミングを学べるScratch Jrコース

2017年6月5日

未就学児がタブレットでプログラミングを学べるScratch Jrコース

エクシードは、子ども向けプログラミング教室「Tech for elementary」(TFE)の新規コースとして、未就学児がタブレットを使ってプログラミングを学ぶ「Scratch Jrコース」を新たに開発した。

TFEはこれまで、Scratchのみのコースを開発し、その主な対象年齢を小学校3年生から6年生までと想定してきた。しかし、通学者の年齢層は小学校1年生から69歳までと幅広く、特に保護者からは、「5歳前後から子どもを通学させたい」という声が多く寄せられていたという。

一方で、既存のScratchコースは、マウス操作やキー入力が伴うため、小学校1、2年生にはある程度の慣れが必要となり、最初の数コマは講師のサポートを要するケースもあった。

そこで、Scratch Jrをベースとした新規講座を開発。Scratch JrはScratchのより低年齢層版で、iPadやAndroidのタブレットで操作できるため、未就学児でも直観的にプログラミングの基礎を学ぶことができる。また、Scratchとインターフェースで親和性があるため、Scratchコースの導入コースとしても最適という。

Scratch Jrコースは全10回で構成され、映像授業形式ではなく講師による一斉授業形式で提供。自分だけの作品づくりや発表会など、子どもの自由な発想力や表現力を養うカリキュラムになっている。学習塾などだけではなく、幼児教室・幼稚園・保育園などへの展開を計画しているという。

TFEは、「プログラミング教育における地域格差を解消する」ことをビジョンに、映像授業をベースとしたプログラミング教室をFC展開。事業開始後約1年の現在、全国で約100校の教室を開講。加盟者は学習塾/パソコン教室/英会話教室のような既存教室だけではなく、主婦や高齢者、フリーのエンジニアが自宅で開校するケースなどもあるという。

関連URL

Tech for elementary

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Yubi Plus 先生方にもテレワークを! 狭山市実践事例 詳しくはこちら
Classi 文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
オンライン授業・学習支援システム TeacherView

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 個別商談会受付中!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス