1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. エクシード、まちづくり三鷹と「小中高生向けRubyコース」を共同開発

2018年9月13日

エクシード、まちづくり三鷹と「小中高生向けRubyコース」を共同開発

エクシードは、まちづくり三鷹とともに、小中高生がプログラミング言語Rubyを学ぶための講座「Rubyコース(仮称)」を共同開発する。

エクシードは、「Tech for elementary」(TFE)のブランドで、映像授業をベースとしたプログラミング教室をFC展開。事業開始2年が経過した現在、全国で延べ210以上の教室を開講。加盟者は学習塾、パソコン教室、英会話教室、主婦や高齢者と多岐にわたる。

TFEはこれまで、ScratchとHTML、CSS、JavaScriptのプログラミングコースを提供してきたが、生徒の増加・高学年化に伴い、他のプログラミング言語、特に高度なテキストプログラミング言語のコース開設が求められていた。

一方、三鷹市の第三セクター「まちづくり三鷹」では、約10年前からRubyの普及に努め、講師養成講座や小中高生向けのプログラミング講座「中高生国際Rubyプログラミングコンテスト」などを開催してきた。

今回、三鷹市以外にも普及活動を広げるべく、TFE の映像授業化力とネットワークを活用する形で、共同開発することにした。

同講座では、まちづくり三鷹が制作した「小学生から楽しむRubyプログラミング」「Ruby プログラミング入門」の2つの教材をベースに映像授業を制作。映像授業化することで講師の負担の軽減、授業の品質担保、生徒の学習効果の向上(繰り返し再生など)が見込める。

映像授業は、TFEの加盟教室のほか、まちづくり三鷹の講師養成講座やプログラミング講座での活用、まちづくり三鷹の顧客(地方自治体など)への提供も視野に入れている。提供開始は、まずは小学生向けのものを2019年1月に想定している。中高生向けは未定。

関連URL

TFE

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • みらいスクールステーション 学校内の密集回避や分散授業に みらスクで感染症対策! FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 国内メーカーならではの手厚い対応/無償保証 「GIGAスクール構想」対応ネットワークソリューション AlaxalA
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス