1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. エクシード、Unityを使ったゲームデザインコースを共同開発

2018年10月23日

エクシード、Unityを使ったゲームデザインコースを共同開発

エクシードは22日、ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンと共同で、小中高生がUnityを使ってゲームのデザイン方法を学ぶための講座「Unityコース」(仮称)を開発すると発表した。

d6960-13-472767-0エクシードは、「Tech for elementary」(TFE)のブランドで、映像授業をベースとしたプログラミング教室をFC展開。

事業開始2年半が経過した現在、全国で延べ240以上の教室を開講しており、加盟者は学習塾・パソコン教室・英会話教室・主婦や高齢者と多岐にわたっている。

一方、ユニティ社は、「あそびのデザイン講座」と題し、Unityを使ってゲームデザインを学ぶ教材を無償で公開。

そして、より広くUnityの普及活動を広げるべく、TFEの映像授業化力とネットワークを活用する形で、今回の共同開発に至ったという。

この講座では、ユニティ社が制作した「あそびのデザイン講座」をベースに映像授業を制作。

映像授業化することで、講師の負担の軽減、授業の品質担保、生徒の学習効果の向上(繰り返し再生など)が見込めるという。

映像授業は全国のTFEの加盟教室で受講することができ、提供開始は2019年4月頃を予定している。

関連URL

Tech for elementary

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス