1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ウェアラブル翻訳デバイス「ili(イリー)」に韓国語版が登場

2017年10月16日

ウェアラブル翻訳デバイス「ili(イリー)」に韓国語版が登場

ビジョンは、ウェアラブル翻訳デバイス「ili(イリー)」のレンタルサービスのラインアップを、これまでの日本語、中国語、英語のほかに新たに韓国語版を加え、12日から受付けを開始した。

1016-ili
また、これを記念して、10月18日~11月30日の期間に、韓国へ出発予定で「グローバルWiFi」の予約をした人のうち先着1000人に、体験モニターとして「ili韓国語版」を無料でレンタルする。

「ili」は、話した言葉を一瞬で翻訳してくれるウェアラブル翻訳デバイス。インターネットに接続する必要がないので、電波の弱い山の上や田舎の街でも、いつでも安定的に音声翻訳が可能。旅行中でも通信状態に関わらず、伝えたいその瞬間に使える。

「旅」に特化した辞書を搭載しており、これ一つで語学学習に必要な数千時間分のコトバを使って旅行ができる。直感的に操作できるから、まるで自分が直接話しているかのようにスムーズに気持ちが伝わるという。

「ili」は、メインボタンを押すだけで使用者の声に耳を傾け始め、指を離すと翻訳を開始する。たったこれだけの簡単操作だから、誰でもすぐに使うことができる。

また、独自技術のSTREAM(ボイス・ストリーミング・トランスレーション・システム)が最速0.2秒の翻訳を実現。待たされることなく気軽に使い続けられる。

旅行でよく使うフレーズにフォーカスした海外旅行専用の辞書により、的外れな誤訳を削減。同時に最新トレンドや地名を増やすことで「伝わる」翻訳を実現した。

「ili」のレンタルは、「グローバルWiFi」を申し込んだ人向けのオプションサービス。仕様は日本語→英語翻訳、日本語→中国語(北京語)翻訳、日本語→韓国語翻訳。レンタル料(税抜き)は定価1日1200円だが、「伝わる楽しさ!実感キャンペーン」料金は半額。

関連URL

「ili」公式サイト

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi 入試改革・新課程を見据えた 学校とICTのあり方を考える会 9.14 土 全国16拠点で同時開催! 詳細はこちら
プログラミングの基本が楽しく身につく、toio(TM)の特別ワークショップ資料公開! お得なセット新登場!!
プログラミングを子どもに教えたい大人向け1日講座 毎月開催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 探求学習 すらら×札幌新陽高校
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス