1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. サーティファイ、新資格「教育著作権検定」を創設

2017年10月19日

サーティファイ、新資格「教育著作権検定」を創設

サーティファイは18日、 教員を目指す学生と現職教員を対象とした「教育著作権検定」を、2018年2月1日から新たに開始すると発表した。

5eaba19c0fICT教育の普及・拡大に伴い、教育機関内で使用される教材もデジタル化が進み、これらのコンテンツの正しい利用方法に関する理解が求められる中、現状では教員自身が正しい著作権知識を学ぶ機会に恵まれず、また誤った知識が一人歩きし、著作権法違反に抵触する事案も散見されている。

サーティファイでは、将来教員を目指す学生や現在教育機関で指導を行っている教員に向け、著作権に関する不安の解消と教育活動における著作物の適性な利活用の促進を図るために「教育著作権検定」を創設したという。

教員養成課程で学ぶ学生、小・中学校、高校、大学・短期大学、専門学校などで授業を行う教職員が対象。クラスでの授業、学校行事、課外活動などの学校生活と日常生活を営む際に求められる著作権に関する基礎知識と応用力を測定・評価する。

検定は、著作権に関する基礎的知識、著作権法と関連する法令に関する基礎的知識、インターネットに関する著作権と情報モラルについての基礎的知識、教育活動における著作物の適正な利活用に関する応用力について「多肢選択式問題」形式で出題される。

なお、応用力については、事例に基づく課題の発見と解決能力が問われる内容になる。

「教育著作権検定」の概要

試験提供:2018年2月1日(木)
受験資格:なし
試験時間:60分
問題数:30問
出題形式:多肢選択式問題式(4択)
採点基準:レベル認定
受験料:5000円(税込)

資料請求

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス