1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 袋井市の公立中学2校、カシオの「超短焦点プロジェクター」導入

2017年10月30日

袋井市の公立中学2校、カシオの「超短焦点プロジェクター」導入

カシオ計算機は27日、静岡県袋井市の公立中学校2校が、同社の水銀ゼロの超短焦点プロジェクター「XJ-UT351WN」を導入したと発表した。

袋井市では2016年度、全12の公立小学校の全ての普通教室(特別支援学級を含む全210教室)にプロジェクターとインタラクティブホワイトボードを導入。すべての教員がICTを活用した授業が行える環境を整えた。

今回、公立中学校2校でもプロジェクターとインタラクティブホワイトボードの導入が決定したのを受け、カシオの「XJ-UT351WN」を採用した。7月末に計48台が導入され、9月から授業で活用している。

袋井市が「XJ-UT351WN」を採用したのは、レーザー&LEDハイブリッド光源により2万時間という長寿命光源であることや、運用管理まで含めたトータルコストが経済的で、最短5秒で投映が可能となるので使用もスムーズなことなどが理由だという。

「XJ-UT351WN」は、水銀ランプ方式プロジェクターより省電力ながらも、3500ルーメンの明るさを可能にした超短焦点プロジェクター。3500ルーメンの明るさと、至近距離から大画面投映ができるという超短焦点投映により、明るい教室や会議室からアミューズメント施設までさまざまなシーンで使用できる。

また、縦台形補正機能だけではなく、横台形補正機能も搭載。真正面からは投映できない場所でも使用でき、設置場所の自由度が広がるという。

関連URL

カシオプロジェクター

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス