1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 袋井市の公立中学2校、カシオの「超短焦点プロジェクター」導入

2017年10月30日

袋井市の公立中学2校、カシオの「超短焦点プロジェクター」導入

カシオ計算機は27日、静岡県袋井市の公立中学校2校が、同社の水銀ゼロの超短焦点プロジェクター「XJ-UT351WN」を導入したと発表した。

袋井市では2016年度、全12の公立小学校の全ての普通教室(特別支援学級を含む全210教室)にプロジェクターとインタラクティブホワイトボードを導入。すべての教員がICTを活用した授業が行える環境を整えた。

今回、公立中学校2校でもプロジェクターとインタラクティブホワイトボードの導入が決定したのを受け、カシオの「XJ-UT351WN」を採用した。7月末に計48台が導入され、9月から授業で活用している。

袋井市が「XJ-UT351WN」を採用したのは、レーザー&LEDハイブリッド光源により2万時間という長寿命光源であることや、運用管理まで含めたトータルコストが経済的で、最短5秒で投映が可能となるので使用もスムーズなことなどが理由だという。

「XJ-UT351WN」は、水銀ランプ方式プロジェクターより省電力ながらも、3500ルーメンの明るさを可能にした超短焦点プロジェクター。3500ルーメンの明るさと、至近距離から大画面投映ができるという超短焦点投映により、明るい教室や会議室からアミューズメント施設までさまざまなシーンで使用できる。

また、縦台形補正機能だけではなく、横台形補正機能も搭載。真正面からは投映できない場所でも使用でき、設置場所の自由度が広がるという。

関連URL

カシオプロジェクター

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス