1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. U-22プログラミング・コンテスト2017、最終審査会で各賞決定

2017年10月3日

U-22プログラミング・コンテスト2017、最終審査会で各賞決定

「U-22プログラミング・コンテスト」実行委員会は、1日に秋葉原コンベンションホールで行われた最終審査会で、入選作品16作品の各賞受賞を決定した。

d13310-58-708178-0同コンテストは1980年から経済産業省主催により、優れた才能を持ったイノベイティブなIT人材の発掘と育成、単にプログラムのできる人材ではなく、アイデアに富んだソフトウェア開発に取り組む人材の発掘を目的として開催されてきた。2014年からは、協賛企業から構成されたU-22プログラミング・コンテスト実行委員会が主催、コンピュータソフトウェア協会に運営事務局を置いている。

今回の主な受賞作品は、経済産業大臣賞 総合部門に、作品名「Draw Near」立教新座高等学校 チーム名「OMNISCIENCE」、
同プロダクト部門に、作品名「Circuitor」越谷総合技術高等学校 情報技術科29期生 チーム名「固有スキルせんたく板」、同テクノロジー部門に、作品名「scorpion」小石川中等教育学校  小川広水さん、同アイデア部門に、作品名「narratica」早稲田実業学校中等部 菅野楓さんなどが決定した。

なお、幕張メッセで行われる「CEATEC JAPAN 2017」の「イノベーショントークステージ」で、10月3日、4日、6日に受賞作品4作品の作者自らがプレゼンテーションを行う予定となっている。

関連URL

コンピュータソフトウェア協会

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 導入実績多数!まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×学びのカスタマイズ
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス