1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. グラビス・アーキテクツ、京都情報大でITコンサルタント育成講座

2017年11月22日

グラビス・アーキテクツ、京都情報大でITコンサルタント育成講座

グラビス・アーキテクツは21日、京都情報大学院大学で、ITコンサルタントの育成を目的とした講義「コンサルタントという仕事」を実施したと発表した。

d14049-14-509977-1この講義は、ITコンサルタントとして必要な「課題を見つける事」「見つけた課題から解決策を導き出す事」を中心としたスキルの向上が目的。

将来的にビジネスアプリケーション導入分野のコンサルタントとしても活用できるようなカリキュラムを組んでおり、学習内容は同社がコンサルティングの現場実務で培ったナレッジをベースにしている。

講義「コンサルタントという仕事」では、原点に立ち返りコンサルタントとは何か?という実像に迫っていく。そして、基本的なコンサルティングの方法論(ロジカルシンキングなど)の学習と、企業の実例に近い実践的な業務課題をベースにロールプレイング方式でコンサルティングを体験。

実例に近いことで、明確な解答や判断基準が存在しない中、学生は「業務レポート」や「ヒヤリング」を駆使して課題を洗い出し解決策を導いていく。

同講座の講師陣は、大手ERPパッケージベンダー、外資コンサルティングファームの出身者で、ビジネスアプリケーションを定着化させるコンサルティング現場を多く経験している。講義ではその豊富な経験を基に、一般的な理論だけではなく、現役コンサルタントとしての現場経験を交えたナレッジを提供していく。

同講義の意義は、実例に近い課題に取り組み、複数の解決策の中からどれが最適であるかを論理的に導くことで、コンサルティングの本質である「思考能力」を身に付けることだという。

関連URL

グラビス・アーキテクツ

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×オーダーメイドの学び
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス