1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 全国の博物館コレクション情報を横断検索できるWEBサイト

2017年11月30日

全国の博物館コレクション情報を横断検索できるWEBサイト

早稲田システム開発は29日、全国のミュージアムのコレクション・データベースを横断検索できるWEBサイト「MAPPS Gateway」のサービスを開始したと発表した。

d12880-6-346481-1「MAPPS Gateway」は、クラウド型収蔵品管理システム「I.B.MUSEUM SaaS」を利用して、情報を個別に公開中の博物館各館のコレクション・データベースに対し、横断的に検索をかけることができるゲートウェイサイト。

サービス開始時には全国128館のデータベースが対象となっており、250万点近いコレクション情報を館の垣根を越えて検索できる。

全国の博物館に収蔵品管理システムを提供する早稲田システム開発は、今年、創立25周年。これを記念する企画第1弾として、博物館のコレクション情報を直接配信するスマートフォン用アプリを3作連続でリリース。今回の「MAPPS Gateway」は周年企画の第2弾。

「MAPPS Gateway」は、博物館各館が保有するコレクション情報に対し、より便利なアクセス経路を提供する「総合窓口ページ」。クラウド型収蔵品管理システム「I.B.MUSEUM SaaS」の利用館が同システムを通じてWEB上で個別に運営中の公開資料データベースを対象に、任意のフリーワードで一気に検索をかけることができる。

検索結果は「MAPPS Gateway」上で一覧表示され、見たい資料を選ぶとデータ公開元の館(機関)のページへと進める仕組みになっている。

博物館クラウド「I.B.MUSEUM SaaS」の利用館は、「MAPPS Gateway」のサービス開始時点で230館に達している。WEB上で資料情報を公開する館は現在も続々と増えているといい、検索対象となるコレクション数は今後さらに増えることが見込まれる。

膨大な数の博物館コレクションをまとめて検索できる「MAPPS Gateway」では、たとえば興味がある作家の作品を所蔵する美術館の垣根を超えて探せるほか、文献や資料もヒットするので、思わぬ発見を得る機会を提供してくれる。

関連URL

MAPPS Gateway

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス