1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 早稲田システム開発、博物館クラウド「I.B.MUSEUM SaaS」の利用館が400館を突破

2021年10月20日

早稲田システム開発、博物館クラウド「I.B.MUSEUM SaaS」の利用館が400館を突破

早稲田システムは18日、同社が提供している博物館向けクラウド型収蔵品管理システムサービス「I.B.MUSEUM SaaS」が、9月30日時点で導入施設数400館(機関)を突破したことを発表した。


「I.B.MUSEUM SaaS」は、2010年11月にサービスを開始。2019年10月に導入施設が300館に到達したのを境に、増加ペースが大幅に加速。その後は2年足らずで100館が新規導入、平均すると1年間で50館増えたという。

同システムは、初期費用ゼロ&月額利用料3万円のみという低コストで運用を始めることが可能。サーバ容量や通信量に関係なく一定で追加料金なしの定額制サービスで、過去約10年間で数十回にわたり機能改善を重ねてきたという。クラウドサービスなのでユーザは常に「最新版」を利用することができ、ハードウェアを除けば老朽化とは無縁という持続可能性の高い安心のシステムとして活用されている。

近年、急速に広がりを見せるDX(デジタル・トランスフォーメーション)に対しては、博物館界でも注目が集まっている。「I.B.MUSEUM SaaS」は、柔軟性や低コスト性のほか、情報配信・展示案内・履歴管理など、学芸業務を幅広くサポートする機能を早くから実装し、ノウハウを蓄えている。収蔵品管理の基本機能とミュージアムのデジタル活用をワンストップで支援できるクラウドサービスとして、今後も導入館は増加傾向を続けるという。

関連URL

I.B.MUSEUM SaaS

早稲田システム開発

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
YubiPlus 校務支援システムの二要素認証ログイン 長野県教育委員会 導入事例 シンプルでわかりやすい! 詳しくはこちら
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
NEWSサイト作成・運営 オウンドメディアに最適 wanitel

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • Biz安否確認/一斉通報 アカデミックプラン 教職員・学生の健康管理に
  • BYOD予備機にも最適! 使いやすさNo.1の充電保管庫 早割キャンペーン実施中 lockncharge
  • Microsoft Surface 生徒の学びのためのSurface Laptop SE NEW 税抜2万円台~
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス