1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 東京農工大、英語を「正確かつ精確に」読むJMOOC講座の受付開始

2017年11月7日

東京農工大、英語を「正確かつ精確に」読むJMOOC講座の受付開始

東京農工大学は6日、畠山雄二工学部教授によるJMOOC講座「正確かつ精確に英語を読むにはどうしたらいいか」の受講受付を開始すると発表した。受講期間は2018年1月10日~2月14日までの5週間。受講料は無料。

course_card026Week1~3では英語を「正確かつ精確に」読むことで、文章に込められた話し手の思いをより深く理解する手法を学ぶ。具体的には、Week1・日本国憲法の英語版を読む、Week2・安倍談話の英語版を読む、Week3・スティーブ・ジョブズのスタンフォード大学の卒業式講演を読む。

week4では、英語という枠を飛び出し、自然言語の本質と脳内文法のメカニズムといった理論言語学について解説。

同講座は、多数の著書を出版し、ラジオ講座への出演など幅広く活躍している畠山教授による初のJMOOC講座。受講料無料で提供されているJMOOC公認のプラットフォーム「OpenLearning, Japan」の29講座目の開講となる。

東京農工大は、昨年の「農学がよみとく“いのち”と“生活”~持続発展可能な社会へ~」(2016年12月開講)に続き2講座目の提供。

関連URL

講座案内

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
GIGAスクール構想 標準仕様書スペックに対応したタブレット端末が登場 Sky安心GIGAタブレット Windows10 Office 365搭載 Sky
GIGAスクールでの表現活動に。 Adobe Spark 詳しくはこちら Adobe
Adobe Creative Cloud 一人年間500円以下 Adobe Creative Cloud 小中高向け 詳しくはこちら Adobe
NICA 全国ICTクラブ協会 《オンライン開催》 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 国内メーカーならではの手厚い対応/無償保証 「GIGAスクール構想」対応ネットワークソリューション AlaxalA
  • vmware GIGAスクール構想 文科省標準仕様に対応した MDM
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス