1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. AI英会話アプリ「テラトーク」のジョイズが2億円の資金調達を実施

2017年12月8日

AI英会話アプリ「テラトーク」のジョイズが2億円の資金調達を実施

AI英会話アプリ「TerraTalk(テラトーク)」を提供するジョイズは8日、YJキャピタル、SMBCベンチャーキャピタル、みずほキャピタル、ベンチャーラボインベストメント、インキュベイトファンドを引受先とする、総額約2億円の第三者割当増資を実施したと発表した。

ジョイズの柿原 祥之代表取締役

ジョイズの柿原 祥之代表取締役

「テラトーク」は、AIとの英会話を通じて、様々な場面での実践的な英語をバランス良く習得できる英会話アプリ。

最近では、スピーキングの個別指導が困難な教育現場の課題を解決できるサービスとして、特に学校や塾からの支持を多く集め、品川女子学院や日本体育大学柏高等学校などの先進校が生徒の自習用教材としてテラトークを採用している。

また、世界での活躍を目指すスポーツチームへの導入として、サッカースクール国内最大手クーバーや野球教室BBC、男子プロバスケ「千葉ジェッツふなばし」ユースチームなどで活用されているほか、地方のインバウンド(外国人観光客)対策への支援も進んでおり、様々なシーンごとに実践的な英語を学べるよう、学習コースのアップデートも柔軟に行っている。

今回、多様な投資経験を持つ投資家陣から、「テラトーク」が2020年の英語教育改革や、東京オリンピックを含めたインバウンド観光への対応力強化に与えるインパクト、そして事業の成長性を高く評価され、資金調達を実施することとなったという。

関連URL

テラトーク

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 小学校のフラッシュ英単語/英語表現 英語の授業がもりあがる! 無料体験版はこちら CHIeru
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録