1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. AI 英会話アプリ「テラトーク」、新たに偏差値算出機能を実装

2018年4月23日

AI 英会話アプリ「テラトーク」、新たに偏差値算出機能を実装

ジョイズは、同社の英会話学習アプリケーション「TerraTalk」に、AIがスピーキング力を評価し偏差値として算出する新機能を、4月20日から実装した。

管理者画面に各生徒のスピーキング能力を偏差値で表示

管理者画面に各生徒のスピーキング能力を偏差値で表示

「テラトーク」は、AIとの英会話を通じて英語4技能(聞く、話す、読む、書く)を学習できる英会話アプリ。

今回の新機能は、教育機関が作成した特定の生徒グループに対して、AIとの間で行われた実際の英会話をもとに文法情報や語彙、発音、流暢さなどを総合的に評価し、グループ内偏差値を算出する。

生徒のスピーキング力を定量的に可視化することで、指導の優先順位付けや教材の難易度の調整などができるようになり、クラス分けや授業計画立案に役立つ。

「個人向け」の利用料金は月額1950円(税込)で初月は無料。「法人向け」は月額課金で、ボリュームディスカウント、学校法人ディスカウント有り。英会話学習コース数は100 種類以上(2018年4月現在)、収録単語数約5万語、収録例文数約15万例。世界136カ国で利用されている。

なお、同アプリを昨年7月に試験導入し、英検合格者数を1.9倍増加させた日本体育大学柏高校(千葉県柏市)が4月20日から同アプリを本格導入したという。

関連URL

テラトーク

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス