1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. TIGALA、中学生起業家に「起業のノウハウ」を学ぶ場を提供

2017年12月18日

TIGALA、中学生起業家に「起業のノウハウ」を学ぶ場を提供

スタートアップメディアpedia を運営するTIGALAは15日、中学生起業家が総額10億円の調達を目指す「pedia venture program」を立ち上げたと発表した。

1218-pd「pedia venture program」は義務教育世代に「起業のノウハウ」を学ぶ場を提供することを目的としており、2017年12月15日から2018年1月28日(水)までクラウドファンディングをおこない、プロジェクト運営費用に充てる資金を調達する。

TIGALAの代表取締役 正田圭氏は、今回のプロジェクトの背景について次のように語っている。

「スポーツ選手やアーティストとして活躍する人たちは、とても小さいころからそれに伴う教育を受け努力をしています。小さいころから習い事をして、大人になったらプロとして活躍する準備をすることがあたりまえです。(中略)

しかし、起業の話になると、とくに小さいころから準備をするわけでもなく、思いつきで起業して、右も左もわからないまま手探りで動き出す。つまり、起業においてはプロを目指す道が無いため、このような遠回りの道を進む羽目になってしまうのが現状なのです。起業だって15歳から始められるのだから、15歳になったらすぐスタートを切れるような準備をする場所があればよいのに。

それが今回、中学生が無料で起業を学べる場を作ることにしたきっかけです。直接触れ合い、教えられる場にし、実際に中学生起業家たちが1年間の授業で作成したビジネスプランを基にベンチャーキャピタル(VC)などから総額10億円の調達を目指し、ビジネスを軌道に乗せることを目的としています」

関連URL

クラウドファンディング

TIGALA(ティガラ)

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
DRONE STAR PROGRAMING 創造的課題と動画撮影が論理的思考を育むドローンプログラミングアプリ
EDIX2018 出展社特集 出店情報・商談予約 5月16日〜18日開催
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 学校現場のICT活用情報冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録