1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. VR英語教育のImmerse、シリーズAラウンドの資金調達を実施

2020年10月20日

VR英語教育のImmerse、シリーズAラウンドの資金調達を実施

英会話教室や高校・大学の英語講師が教育機関向けにバーチャル・リアリティー(VR)を用いたリアルタイムのVR英語学習プラットフォームを提供するImmerse(アメリカ)は19日、Eagle Venture Fund II(運営元:Eagle Venture Fund)を引受先とし、第三者割当増資により150万米ドル(約1.6億円)の資金調達を実施したと発表した。

同社は2019年にアメリカ人ネイティブ講師によるVR英語レッスンサービスをローンチしてから、多くの日本の高校や大学を始めとする教育機関への導入サポートを推進している。今回の資金調達により、高校・大学・英会話スクールなど英語教育機関に所属する全ての英語講師がライセンス利用することができる「VR英語教育・学習プラットフォーム」として提供する。

また、Oculusより今年10月に発売された最新のVRHMD「Oculus Quest 2」にも2020年内を目処に対応させ、よりリッチなVR英語学習体験を提供緒することで、バーチャル空間内で留学の様なタスクベースの英語教育を一般化させることを目標に、事業のサービス開発・販売拡大を目指すという。

関連URL

Immerse

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス