1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. Immerse、メタバース空間のVR言語教育プラットフォームで約10億円の資金調達

2022年3月28日

Immerse、メタバース空間のVR言語教育プラットフォームで約10億円の資金調達

メタバース空間のVR言語教育プラットフォームを提供するImmerse(米国)は24日、シリーズBラウンドにおける第三者割当増資により、900万米ドル(約10億円)の資金調達を実施したと発表した。同ラウンドでは、既存投資家であるEagle Venture Fundに加え、新しく加わったMustang Creek Capitalが共同で主導し、他複数のソーシャルインパクトインベスターが引受先となっている。今回の増資により、同社の資金調達総額は1150万ドル(約13億円)となった。

2017年に設立された同社は、既存の言語教育業界を革新すべく、講師・生徒がバーチャル空間で言語学習をリアルタイムに行う「ライブ型VR言語教育プラットフォーム」の開発を行ってきた。現在はアジア、ヨーロッパ、ラテンアメリカの大手英会話スクールや大学機関と提携し、バーチャル空間上での英語学習体験の提供や研究のために使用されている。

同社では英語教育以外にも、メタバースにおけるサブスクリプション型VR多言語教育サービスの開発を進めており、講師主導型のマルチプレイヤー言語学習体験を、本格的な言語学習体験を望む言語学習者やVRユーザーに提供する予定。

2022年夏にはVRスペイン語学習プログラムのリリースを皮切りに、消費者向けのVR世界言語学習アプリをMeta Questストアでリリースし、また2022年秋にはフランス語VR学習プログラムへと範囲を広げ、順次ドイツ語、日本語、イタリア語へと提供プログラム範囲を広げていく予定。

同ラウンドで調達した資金により、チームの大幅な増強を行う他、さらなるプロダクトイノベーション、主要なVRプラットフォームへの対応などを予定しており、今後数ヶ月の間にグローバルチームを現在のおよそ3倍にまで拡大する予定。すでにエンジニアリング、マーケティング、教育分野など様々な職種で採用を行っている。

関連URL

Immerse

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス