1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 【本のプレゼント】子どもと学ぶ ビスケットプログラミング入門

2018年1月5日

【本のプレゼント】子どもと学ぶ ビスケットプログラミング入門

プレゼントの応募は締め切りました。
インプレスの提供で、子ども向けプログラミング言語「ビスケット」でゲームを作りながらプログラミングが学べる書籍『できるキッズ 子どもと学ぶ ビスケットプログラミング入門』を、読者3名にプレゼントします。

応募方法

応募資格:ICT教育ニュースのメールマガジン登録者ならだれでも可
応募方法:メールのタイトルに「ビスケットプログラミング入門」と記入して、メールマガジンに登録しているメールアドレスから下記メールアドレスに送付する。
*応募メールに、住所や電話番号は記入しないでください。
送付先メールアドレス: present@ict-enews.net
応募締切:2018年1月10日23時59分
当選発表:当選者の応募メールアドレス宛に当選の連絡をする。

メルマガ未登録の方は、まずこちらで登録を。
□メールマガジン登録

書籍の紹介

ビスケットは自分で描いた絵でプログラミングができ、画面にほとんど文字が使われていないため4歳ぐらいの子どもでも始められる。また、ビスケットはパソコンやタブレット、スマートフォンのいずれの環境にも対応しており、無料で利用できる。

Amazonの解説

本書は子どもにも読みやすいように全文ふりがな付きとし、使用する漢字も教育漢字に統一している。また、「できるシリーズ」のノウハウを生かし、プログラムの操作や一連の流れが分かるように手順を画面付きで解説。誌面の通りに操作するだけで、楽しいゲームが出来上がる。プログラムや操作に関する疑問をヒントで説明し、子どもが操作に迷わないように配慮している。ゲームの動き方は「できるネット」の特設ページから動画で確認できる。

本書には、プログラミングが初めての子どもでも楽しく学べる題材を掲載。ビスケット開発者の原田康徳ハカセに加え、渡辺勇士氏、井上愉可里氏がワークショップで得た豊富なノウハウを元に、本書のために新しいプログラムを制作している。また、ビスケットの基本的な操作を学ぶ「やってみよう」編と、ゲーム作りに挑戦する「できるかな」編の2部構成とした。「できるかな」編で分からないところは「やってみよう編」に戻って復習できるようにしている。、

価格は、本体1800円(税別)。電子版価格は、1620円(税別)となっている。

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス