1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 【本のプレゼント】子どもと学ぶ ビスケットプログラミング入門

2018年1月5日

【本のプレゼント】子どもと学ぶ ビスケットプログラミング入門

プレゼントの応募は締め切りました。
インプレスの提供で、子ども向けプログラミング言語「ビスケット」でゲームを作りながらプログラミングが学べる書籍『できるキッズ 子どもと学ぶ ビスケットプログラミング入門』を、読者3名にプレゼントします。

応募方法

応募資格:ICT教育ニュースのメールマガジン登録者ならだれでも可
応募方法:メールのタイトルに「ビスケットプログラミング入門」と記入して、メールマガジンに登録しているメールアドレスから下記メールアドレスに送付する。
*応募メールに、住所や電話番号は記入しないでください。
送付先メールアドレス: present@ict-enews.net
応募締切:2018年1月10日23時59分
当選発表:当選者の応募メールアドレス宛に当選の連絡をする。

メルマガ未登録の方は、まずこちらで登録を。
□メールマガジン登録

書籍の紹介

ビスケットは自分で描いた絵でプログラミングができ、画面にほとんど文字が使われていないため4歳ぐらいの子どもでも始められる。また、ビスケットはパソコンやタブレット、スマートフォンのいずれの環境にも対応しており、無料で利用できる。

Amazonの解説

本書は子どもにも読みやすいように全文ふりがな付きとし、使用する漢字も教育漢字に統一している。また、「できるシリーズ」のノウハウを生かし、プログラムの操作や一連の流れが分かるように手順を画面付きで解説。誌面の通りに操作するだけで、楽しいゲームが出来上がる。プログラムや操作に関する疑問をヒントで説明し、子どもが操作に迷わないように配慮している。ゲームの動き方は「できるネット」の特設ページから動画で確認できる。

本書には、プログラミングが初めての子どもでも楽しく学べる題材を掲載。ビスケット開発者の原田康徳ハカセに加え、渡辺勇士氏、井上愉可里氏がワークショップで得た豊富なノウハウを元に、本書のために新しいプログラムを制作している。また、ビスケットの基本的な操作を学ぶ「やってみよう」編と、ゲーム作りに挑戦する「できるかな」編の2部構成とした。「できるかな」編で分からないところは「やってみよう編」に戻って復習できるようにしている。、

価格は、本体1800円(税別)。電子版価格は、1620円(税別)となっている。

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
CASIO 「カシオのプロジェクターで生徒とのシンクロ率が向上しました」 栄光ゼミナール 目白校 阿部先生
EPSON プログラミングやリスニング用ディスクなどを複数枚作るなら ディスクをカンタンに作成できる ディスク デュプリケーター
EDIX関西2018 出展社特集 掲載記事募集中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 「教育情報セキュリティポリシーガイドライン」対応!教育情報セキュリティならチエル
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス