1. トップ
  2. データ・資料
  3. 高校や進学塾で英語4技能対応に遅れ、eラーニング戦略研究所調査結果

2018年1月22日

高校や進学塾で英語4技能対応に遅れ、eラーニング戦略研究所調査結果

デジタル・ナレッジが運営するeラーニング戦略研究所は、英語4技能教育の現状と課題、英語教育におけるAI活用についてのアンケート調査を実施し、19日、その結果をまとめた調査報告書を公開した。

0122-dn調査は昨年11月1日~6日に、全国の小中高校、塾、予備校で英語教育に関わる教員・講師100名を対象に、Webアンケート方式で行われた。それによると、英語4技能すべてに対応した授業を実施している学校は45%で、過半数に満たないことが明らかとなった。

学校別にみると、中学校では英語4技能すべてへの取り組みが進んでいる一方、公立高校教員、受験対策塾、予備校講師の3分の1が「実施予定はない (4技能すべてには未対応)」「わからない」と答えるなど、高校や進学塾での対策が意外にも進んでいないことが分かった。

また、教員が最も力を入れたい分野は「スピーキング」だったが、実際に実施されている授業は「リーディング」80%、「ライティング」79%、「リスニング」74%と続き、「スピーキング」は最も少ない59%となった。特に、高校や進学塾での「スピーキング」対策が弱く、こうした傾向には大学入試の影響が考えられるとしている。

関連URL

調査の詳細

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
総務省プログラミング普及事業 発表会動画 全28本掲載
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 「教育情報セキュリティポリシーガイドライン」対応!教育情報セキュリティならチエル
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録