1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. IOTを活用した「音声認識アプリ」開発に学生がチャレンジ

2018年2月1日

IOTを活用した「音声認識アプリ」開発に学生がチャレンジ

プロキッズは1月31日、ろう学校に通う生徒を対象としたKDDI主催の「聴覚障がい者向けIT教室2018」において、アプリの企画・開発から当日の講師までを今年も支援すると発表した。

d17100-15-484297-0同IT教室は、KDDIオフィスで、3月17~18日の2日間にかけて実施。ろう学校に通うプログラミング初心者の生徒たちが、聴覚障がい者向け「音声認識アプリ」を自ら制作する。

今回は、IOT(Rasberry Pi)を活用し、リモートで音声認識された文字を瞬時にスマートフォンへ表示するアプリを開発する。

完成したアプリは、最終日に生徒たちにも試してもらい、健聴者と同じように授業がリアルタイムで学べるよう、未来の教育の在り方を体感するところまでを目指すという。

IT教室の概要

開催日時:3月17日(土)~18日(日)9:00~18:00
開催会場:KDDIオフィス[東京都千代田区飯田橋3丁目10番10号ガーデンエアタワー]
対象者:東京都立中央ろう学校に通う中高生

関連URL

聴覚障がい者向け IT教室

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 双方向授業で授業が変わる!学生が伸びる! クリッカーシステム FLOW(フロー) CHIeru
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録