1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. エアロネクスト、「4D Gravity」搭載した新型ドローン2種を同時発表

2018年3月16日

エアロネクスト、「4D Gravity」搭載した新型ドローン2種を同時発表

エアロネクストは、新技術「4D Gravity」を搭載した、カメラがブレない360°VR撮影ドローンと荷物を傾けずに運べる宅配専用ドローンの2種類の新型ドローンを「ジャパン・ドローン2018」で同時発表する。

Next VR™ (4D Gravity™搭載)

Next VR™ (4D Gravity™搭載)

「4D Gravity」は、飛行中のドローンの重心を最適化する技術で、これを搭載したドローンは燃費、速度、信頼性などといった基本性能の向上が期待できる。

モーター負荷の均一化で信頼性が向上し、プロペラを従来ドローンより急角度に設定できることで最高速アップも実現。結果として「より安全に、より遠くへ、より早く、より安く」フライトが可能になる。用途に合わせて重心を制御することで、新たな分野への活用もできる。

Next DELIVERY™ (4D Gravity™搭載)

Next DELIVERY™ (4D Gravity™搭載)

今回の発表では、「4D Gravity」の産業用途ドローンへの応用例として、360°VR撮影用の「Next VR」と宅配専用の「Next DELIVERY」の2種類の機体を公開する。

「Next VR」は、小型で高品質な360°VR映像の撮影を可能にする次世代のVR撮影用ドローン。機体中央部を垂直に貫通する縦棒は、「4D Gravity」によって飛行中でも常に垂直を保持。縦棒両端に設置された2つのカメラは、ブレずに安定した高画質360°VR映像を映し出す。

また、「Next DELIVERY」は、荷物を傾けない水平輸送を可能にする宅配専用ドローン。輸送中の荷物の偏りが解消されるため、従来のドローンでは難しいとされる、医療や精密機器の輸送、食事のデリバリーが可能になる。

関連URL

エアロネクスト

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス