1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 代官山 蔦屋書店などで楽譜専用端末GVIDOの展示販売を開始

2018年4月23日

代官山 蔦屋書店などで楽譜専用端末GVIDOの展示販売を開始

東京・渋谷の代官山 蔦屋書店と六本木のTSUTAYA TOKYO ROPPONGIは18日、テラダ・ミュージック・スコアから発売の「2画面電子ペーパー楽譜専用端末GVIDO (グイド)」の展示販売を開始した。

0423-tsGVIDO電子楽譜専用端末は、昨年10月の日本発売を皮切りに北米、欧州市場向けに展開。楽譜の見やすさ、軽さなどの機能に加え、デザインにおいても高い評価を受け、今月9日にはドイツのデザインアワードRed Dot Design Awardを受賞したという。価格は18万円 (税別)。

GVIDOはこれまでオンライン販売を主としてきているが、このたび、先行して店頭での展示販売を開始した山野楽器4店舗に加え、新たに代官山 蔦屋書店、TSUTAYA TOKYO ROPPONGIでも商品の体験・購入ができるようになった。

これに伴い、今月18日から5月7日までの期間、両店舗では特別展示やサラ・オレイン、NAOTOによる記念ライブ・サイン会などのイベント、また、GVIDOアクセサリーや電子楽譜が当たるキャンペーンを実施している。

関連URL

イベントとキャンペーン

GVIDO

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 学校現場のICT活用情報冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録