1. トップ
  2. データ・資料
  3. 習い事を始めた時期、第1位は「4月」 イー・ラーニング研究所調べ

2018年5月14日

習い事を始めた時期、第1位は「4月」 イー・ラーニング研究所調べ

イー・ラーニング研究所は、子どもの新生活の悩みや習い事についての実態を調査するため、子どもを持つ親195人を対象に4月に「子どもの新生活に関するアンケート」を実施、11日その結果を発表した。

d13831-69-580239-2それによると、約6割が子どもの新生活に不安を感じていると回答。何に関して不安を感じているかの質問には、第1位が「勉強についていけるか」、続いて「楽しく通えるか」「クラス・友達に馴染めるか」となった。さらに、約9割が子どもの不安への対策として、モチベーションをあげたり習い事を始めたりするなどのサポートをしていることが分かった。

また、約8割の子どもが習い事をしたことがある (現在している) ことが分かった。習い事を始めた時期は「4月」という回答が最も多く、新学期が始まるタイミングで習い事を始める子どもが多いことが窺える。「最短で辞めてしまった習い事の期間は」という質問には「1年~3年」という回答が最も多く、辞めた原因の第1位は「やる気・興味の喪失」、次いで「先生との相性」「習い事の内容」と続いた。一方で、習い事を1カ月未満で辞めてしまった子どもも約1割いた。

さらに「子どもが5月病になったと感じたことはありますか」との問いには、15%の親が「はい」と回答、「いいえ」は85%となった。症状としては「やる気がない」「学校に行きたがらない」という答えが多く集まった。

関連URL

イー・ラーニング研究所

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
主体的に学ぶ力をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! 1:アルバム機能、2:学びの振り返り機能
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス