1. トップ
  2. データ・資料
  3. 習い事を始めた時期、第1位は「4月」 イー・ラーニング研究所調べ

2018年5月14日

習い事を始めた時期、第1位は「4月」 イー・ラーニング研究所調べ

イー・ラーニング研究所は、子どもの新生活の悩みや習い事についての実態を調査するため、子どもを持つ親195人を対象に4月に「子どもの新生活に関するアンケート」を実施、11日その結果を発表した。

d13831-69-580239-2それによると、約6割が子どもの新生活に不安を感じていると回答。何に関して不安を感じているかの質問には、第1位が「勉強についていけるか」、続いて「楽しく通えるか」「クラス・友達に馴染めるか」となった。さらに、約9割が子どもの不安への対策として、モチベーションをあげたり習い事を始めたりするなどのサポートをしていることが分かった。

また、約8割の子どもが習い事をしたことがある (現在している) ことが分かった。習い事を始めた時期は「4月」という回答が最も多く、新学期が始まるタイミングで習い事を始める子どもが多いことが窺える。「最短で辞めてしまった習い事の期間は」という質問には「1年~3年」という回答が最も多く、辞めた原因の第1位は「やる気・興味の喪失」、次いで「先生との相性」「習い事の内容」と続いた。一方で、習い事を1カ月未満で辞めてしまった子どもも約1割いた。

さらに「子どもが5月病になったと感じたことはありますか」との問いには、15%の親が「はい」と回答、「いいえ」は85%となった。症状としては「やる気がない」「学校に行きたがらない」という答えが多く集まった。

関連URL

イー・ラーニング研究所

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 学校現場のICT活用情報冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録